トップページ > 技術情報 > Swift

Swift

Swiftは2014年にAppleによって発表されたiOS,OS X,watchOSのための新しい、 「速くて、安全で、インタラクティブ」で「モダン」な言語です。
従来から用いられていたObjective-CやObjective-C++、C言語と共存することも意図され、 特にObjective-CはBridging-Headerファイル内でヘッダファイルをインポートするだけで利用できます。
(Objective-Cファイルをプロジェクトに配置するとXcodeが自動で生成してくれます。)

速い

Swiftを使うと一般的な検索アルゴリズムがObjective-Cよりはるかに速いスピードで完了します。
また、ビルド設定の見直し、極力オブジェクトではなく構造体を使用する、オブジェクトはfinal指定する、 letを使う、インライン関数やローカル変数を使用するなど、コンパイラ視点のプログラム設計で 様々な最適化を行うことにより、そのパフォーマンスを最大限に発揮することができます。
Swiftにはまだまだ改善の余地がありますが、更なるパフォーマンスの向上が期待できるとともに、 プログラマーの技術次第でより高性能なアプリケーションが開発できるとも言えます。

安全

メモリの自動管理やデータ型のチェックにより、プログラムの記述ミスによるバグが起こりにくくなりました。 空のデータ(nil)もOptional機能により厳密に意識される必要があります。

インタラクティブ

Swiftはコンパイラ言語でありながらインタプリタとしてスクリプトを実行することも可能です。
Playgroundではコードの実行結果を即座に表示し、グラフィカルに確認しながら開発することができます。

モダン

Objective-Cでは複雑な書き方だったものがシンプルなプログラムになりました。
またJavaScriptやRuby、Pythonなどの新しい言語の良いところを参考に考えられており開発効率もよく、 それらの言語に慣れているプラグラマーには理解しやすい言語です。

1983 Objective-C 「C言語のメモリ安全性とSmallTalk*のスピードを合わせた言語」として誕生
*オブジェクト指向プログラミングの手本とされる言語
1996 Objective-C Mac OSへの採用が決定
2002 Objective-C Mac OS X 10.0リリース
Mac OS X開発言語として一般公開
2007 Objective-C Mac OS X 10.5リリース
Objective-C 2.0 リリース
2008 Objective-C iPhone発表
iOSアプリ開発言語に採用
加速度的な成長を遂げるが、急激な仕様変更、機能追加により、コードの保守性、可読性が失われていく
2010 Swift Apple社内で新言語の開発開始
2014 Swift Mac OS X Yosemite、iOS8発表
Swift発表
2015 Swift Mac OS X EI Capitain、iOS9発表
Swift 2.0 Linux対応、オープンソースとなることが発表

言語として安定していないとの見方もありますが今後ますます言語開発は加速し、クライアントサイドのみならずサーバーサイドフレームワークなど、より多方面に適用できる言語であると期待されています。

PAGE TOP