トップページ > サービス > Flex/AIRアプリケーションのHTML5(Angular)システムへの移行

Flex/AIRで開発されたアプリケーションを最新のHTML5(Angular)へ移行します。
HTML5(Angular)にアップサイジング(移行開発)することで、AndroidやiOSのブラウザ上でも利用できるようになります。
Flex/AIRで実現したユーザーインターフェースやインタラクティブな操作もHTML5(Angular)でかなりの部分は実現可能です。

Flex/AIRのHTML5(Angular)への移行サービスの特徴

service

解析

解析プログラムにより、既存のFlex/AIRプロジェクトを解析し、相関関係・クラス構成等を含む中間ファイルを出力します。
中間ファイルから自動生成した相関図(WEBブラウザ) で可視化・確認することにより、移行リスクを軽減させます。

ジェネレータ

中間ファイルを基にHTML5(Angular)構成テンプレート(HTML5/JavaScript(Angular),TypeScript,CSS3) を出力します。
テンプレートファイルを基にHTML5(Angular)開発を効率的に行うことが可能となります。

最新のフレームワーク(例:Angular開発)

フルスタックでは最適なフレームを使用してHTML5(Angular)システムを構築します。 Angularは、構造的にFlex(AIR) に類似しており、Flex(AIR)からの移行に最も適したJavaScript フレームワークだと我々は考えています。 コンバータにより生成されたファイル、クラスを基にAngularベースのシステムを構築していきます。

Flex/AIRのHTML5(Angular)への移行サービス利用のメリット

advantage

コスト削減

Flex/AIRシステム構成を継承するため、スクラッチ開発と比較し、大幅なコスト削減が可能であると考えています。

高いメンテナンス性

変換・構築されたシステムは最新のフレームワークを使用しているので(例:Angular)、メンテナンス性にも優れています。

低リスク

スクラッチ開発では、移行の実装漏れなどが発生するのに対して、自動解析・ジェネレータを用いることにより、 実装漏れを最小限にすることが可能です。

拡張性・セキュリティ

単なるコンバートされたシステムではなく、HTML5(Angular)に最適化されているため、拡張性にも、セキュリティにも優れています。

ActionScript Flex/AIRをできるだけ忠実に
JavaScript HTML5に変更したケース

ActionScriptをそのままJavaScriptに移植して、フロントシステムの再構築を行っています。
サーバーサイドについては、JavaScript(HTML5)から呼び出される新しいAjaxの呼び出しインターフェースを追加しました。 既存のAMF通信から呼び出されるビジネスロジックを、Ajaxのインターフェースからも呼び出しています。 このためサーバー側のビジネスアプリケーション部分はDBも含めて一切変更していません。
これにより既存のFlex/AIRフロントシステムと新規にHTML5で作成されたフロントシステムの両方が動作できます。

ActionScript Flex/AIRを完全に
新しいシステム html5(Angular)として実装したケース

既存のActionScript(Flex/AIR)/Flsah)をすべて解析して、新たにHTML5/JavaScript(Angular)ベースのシステムに完全に再構築しました。
このフロントシステムの再構築には、新しいフレームワークやライブラリを最大限活用してリニューアルしています。 DBは既存のまま利用していますが、サーバー側のシステムはフレームワークから大きく再構築しています。

Flex/AIRからHTML5(Angular)移行サービスの流れ

Flow

Step1

コンサルティング(ご相談)

移行のコンサルティングにより、移行設計・概算工数の算出を行います。

Step2

解析

現行システムを解析し、システムの可視化を行い、移行リスクを軽減します。

Step3

設計・移行

解析システムにより自動生成された中間ファイルを基に、
ジェネレータによりHTML5 (Angular,HTML,CSS)
構成テンプレートを自動生成します。

Step4

開発

構成テンプレートを基に、Flex(AIR) 同等の UI&UXに優れた
HTML5(Angular)システムを開発していきます。
自動テスト等により、テスト工数等を削減することも可能です。

Flex(AIR)アプリケーションのHTML5(Angular)化へのアップサイジング(移行開発)をお考えの方は、
下記フォームにてお問い合わせください。

お問合せ

Contact Us

会社名company Name
会社名ふりがなcompany Name Reading
部署名Department Name
名前Your Name
ふりがなName Reading
メールアドレスMail Address
メールアドレス(確認)Mail Address Confirm
郵便番号Postal
郵便番号検索
住所Address
電話番号Phone Number
お問い合わせの種類Inquiry Kind
お問い合わせの内容Mail Contents
個人情報保護方針を確認・同意のうえ、送信してください。

PAGE TOP